より健康的に美しく、さらに豊かな人生を

Total Beauty & Health care salon Nilufaオーナーによる、美と健康と豊かさを手に入れる秘訣をお伝えするブログです。

張りのあるお肌を作りましょう♪

バストアップの為には美肌作りが大切です。

『バストアップ=美肌?』と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、

大きくても張りがない、潤いがないお肌では美乳を作ることはできません。

バストアップのマッサージと並行しながら張りのあるお肌作りをしていきましょう(*´∇`*)

いつまでも触っていたいなと思えるような理想的なお肌を作る方法、

少しずつアップしていきますね♪

bihada


mizu

人間の体は成人で体重の60~65%が水分で構成されています。

この水の働きで、栄養素や代謝物の運搬、体温の調節などが行われ、生命の機能が保たれています。

基本的には体重×30mlの水分が最低限必要です。

朝起きた時、入浴前後、就寝前などにこまめに水を飲めば水分不足になることなく、

また水の取りすぎで体に負担をかけることもなく、疲労回復や健康維持に役立てることができるといわれています。

(1)朝起きた時

朝起きた時の私たちの体は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分を失い、水分不足に陥っている状態です。

血中のミネラル濃度も高くなっているため、朝一番の水分補給は重要であると考えられます。

(2)入浴前後

入浴による発汗で、私たちの体は水分を失っています。入浴前後には水分補給をすることが大切です。

(3)就寝前

朝起きた時と同じように、就寝前の水分補給も大切です。

睡眠中の水分不足による血液中のミネラル濃度の上昇を防ぐと考えられています。

健康を維持するのに毎日水分補給をする必要がありますが、

質の良い水を飲むことで体内の水分や汗が綺麗になるのでお肌が綺麗になります。

huro


人は何故、お風呂に浸からないといけないのでしょうか?

入浴は体が温まり毛穴が開き、余分な脂質や毛穴の汚れ、溜まっていた老廃物や雑菌をきれいに洗い流すことができるため、美容には大変効果的です。

入浴だけで、なんと70%の汚れが落ちると言われています。

お湯に浸かると体は温まり、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、

血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質が除去されます。

また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。

腎臓の働きも良くなり、利尿作用が働きます。

細胞が活性化し、免疫力アップも期待できます。

私たちの身体は60兆もの細胞がありますが、それらのほとんどは、タンパク質からできています。

このタンパク質の細胞は、さまざまなストレスにより傷ついてしまうことがあります。

傷を受けたタンパク質を修復する働きをするのがヒートショックプロテインHSPですが、あまりにも大きなストレスを受けるとその生産が足りなくなり、細胞の修復は遅れ、病気になったり老化が進んだりします。

大きなストレスを受けないことが理想ですが、ストレスの感じ方にも個人差があります。

身体の健康を保つために欠かせないHSPを増やす方法は、体を温めることだけです!

またHSPはある程度なら身体の中に貯めておくことも可能であると言われています。

仕事や日常生活で大きくストレスを受ける人も、毎日の入浴でストレスを溜めないようにしましょう。

484157_18782526


せっけんや洗剤などの使い過ぎが原因で、

肌のブロック機能を破壊させてしまうことが乾燥肌の原因の一つとなっています。

自分自身の肌を自ら傷つけ、老化させているのです。

また、ナイロンタオルの使用は皮膚を傷つけ、摩擦熱で皮膚が黒ずむ危険があります。

泡で出てくるボディソープやしっかりと石鹸を泡立て、手で優しく流しながら体を洗います。

背中以外はタオルを使わずに手でマッサージをしながら洗います。

そうすることで、毎日気軽にセルフマッサージを続けることができます。

背中はタオルで優しく擦る位で十分です。

いつも応援ありがとうございます(*´∇`*)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログへ

にほんブログ村

プロフィール
id:nilufa はてなブログPro

f:id:nilufa:20170605011059j:plain

 書いている人:Mai Mizuguchi(id:nilufa)

Total Beauty & Health care salon Nilufa代表。
一般社団法人
日本健康心理学会認定 専門健康心理士。
1985年東京生まれ。立正大学心理学部臨床心理学科卒業、桜美林大学大学院修士課程心理学研究科健康心理学専攻修了。
子供の頃から憧れていた臨床心理士になるべく大学へ入学した直後、生理痛緩和のために服用していたピルの副作用から、突如として脳出血を起こし1ヵ月の入院生活を体験。また、最愛の祖父の癌罹患と死別から、身体の健康の重要性・パーソナリティと身体疾患の関連に関心を持ち、健康心理学の専門家を目指す。
また在学中に美容にも興味を持ち、並行してエステサロンのスクールにも通学。大学院修了後は横浜市内精神科クリニックに心理士として就職。復職支援・認知行動療法を中心としたカウンセリングを行い、週末はエステサロンにてエステティシャンとして働く。
"人生はすべて思い通りにできる"という信条からか、若くして独立開業のチャンスを掴み取り、2012年6月Total Beauty & Health care salon Nilufaを石川町にオープン。2016年3月、5年間勤めた精神科クリニックを退職、同年4月よりサロンを元町に拡大移転し、すべての女性の心身の美と健康のために献身する。

follow us in feedly

友だち追加

Nilufaオフィシャルサイトはこちら
20160711133609
よもぎ蒸し専門サイトはこちら
20160711134220
ZIJAオフィシャルサイトはこちら
20170512125947
参加グループ