より健康的に美しく、さらに豊かな人生を

Total Beauty & Health care salon Nilufaオーナーによる、美と健康と豊かさを手に入れる秘訣をお伝えするブログです。

カップ付きインナーはバストが垂れる?!ブラジャーとの違いを徹底検証!!




おつかれさまです、店長です(・∀・)/

今日は昨日の続きで、今大人気のカップ付きインナーについてです!

実は先月辺りにテレビで見た情報なのですが…さっさと書けずにすみません(^_^;)

楽ちん大好きな女性たちに選ばれているのが下着とカップが一体化したカップ付きインナー。

火付け役はユニクロブラトップですが、無印良品や化粧品メーカーのDHCまでも汗が乾きやすい上、立体的な3Dカップが売りの商品を販売しているそうな。

しかし、ラクだからこそつきまとう「胸の形が崩れてしまうかも」という不安。

先月、フジテレビの「とくダネ」でブラジャーとカップ付きインナーの違いについて調査していました。

ぼんやり出勤前にテレビを見てたら急にやってて慌てて写メったもので、全然綺麗じゃない写真ですが、分かりやすいと思うのでまずはご覧ください。

bratop

さすがにどこのカップ付きインナーかは放送されていませんでしたが、ブラジャーとの違いは一目瞭然です。

トップの高さが違いますね。補正力がないので当然です(><;)

撮り逃してしまいましたが、正面からの比較ではカップ付きインナーの方が離れ胸になっていました(゚ー゚;

続いて肩紐によって肩にかかる負荷の違いを検証されていました。

日本女子大学の被服学科で計測されていましたが、普通のブラジャーの肩にかかる重さは、4kPa。

片側の肩に2リットルのペットボトル約2本分位の圧がかかっているとのこと(((゜д゜;)))

ブラジャーが肩こりの原因のひとつであるのは否めないようです。。

カップ付きインナーはその半分程の圧力だそう。それだけやっぱり楽ということですね(*^-^)b

アシックススポーツ工学研究所にて、モデルさんが両者を着用してランニングマシンを走り、胸の揺れやすさにどれほど違いがあるのか検証していました。

ブラジャーを着用して走ると、8の字を描いて揺れていました・・・ブラジャーでも走れば揺れるのですね・°・(ノД`)・°・

一方、カップ付きインナーは8の字揺れに加えて横揺れも激しく、んもう四方八方に揺れまくり。えらいこっちゃ\(^o^)/

burabratop

揺れ具合の違いは一目瞭然です(;^_^A

胸は乳腺と脂肪とそれらを支えるクーパー靭帯から出来ています。

胸が揺れれば揺れるほどクーパー靭帯が伸び時には切れることもあるので、サイズに関係なく激しく揺れれば垂れていくのです。

運動時はやはりスポーツブラを着用するのがベストでしょうね。

胸の揺れを小さくするには、カップ付きインナーを正しく着用することが大切です。

(ブラジャーも昨日の記事でお話しした通り自分のサイズに合っていないものは揺れるし垂れます!まだ読んでない方は読んでくださいな)

正しく着用するには、まずはサイズがきちんと合っていることが大事です。

bratopsize

そしてポイントとしては、下記の3つです!

1、下から履くように着ること

2、アンダーバストの位置を合わせること

3、アジャスターで緩みのないように調整すること

bratopfit

垂れるのが心配なカップ付きインナーも、これで少しは不安解消ですかね?

店長は大反対だろうと思われたかもしれませんが、私だって着る時はあります。

だって、楽だもん!笑

生理の時は締め付けで血行不良になると生理痛が重くなるので、その期間だけ使ってます(*^-^)b

生理中は思いっきり甘やかしてあげるのが良いと思ってます(*´∇`*)

あと、ブラジャーを長時間着用することの方が、むしろ反対です!

それについてはまたまとめますね♪

いつも応援ありがとうございます(*´∇`*)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログへ

にほんブログ村

プロフィール
id:nilufa はてなブログPro

f:id:nilufa:20170605011059j:plain

 書いている人:Mai Mizuguchi(id:nilufa)

Total Beauty & Health care salon Nilufa代表。
一般社団法人
日本健康心理学会認定 専門健康心理士。
1985年東京生まれ。立正大学心理学部臨床心理学科卒業、桜美林大学大学院修士課程心理学研究科健康心理学専攻修了。
子供の頃から憧れていた臨床心理士になるべく大学へ入学した直後、生理痛緩和のために服用していたピルの副作用から、突如として脳出血を起こし1ヵ月の入院生活を体験。また、最愛の祖父の癌罹患と死別から、身体の健康の重要性・パーソナリティと身体疾患の関連に関心を持ち、健康心理学の専門家を目指す。
また在学中に美容にも興味を持ち、並行してエステサロンのスクールにも通学。大学院修了後は横浜市内精神科クリニックに心理士として就職。復職支援・認知行動療法を中心としたカウンセリングを行い、週末はエステサロンにてエステティシャンとして働く。
"人生はすべて思い通りにできる"という信条からか、若くして独立開業のチャンスを掴み取り、2012年6月Total Beauty & Health care salon Nilufaを石川町にオープン。2016年3月、5年間勤めた精神科クリニックを退職、同年4月よりサロンを元町に拡大移転し、すべての女性の心身の美と健康のために献身する。

follow us in feedly

友だち追加

Nilufaオフィシャルサイトはこちら
20160711133609
よもぎ蒸し専門サイトはこちら
20160711134220
ZIJAオフィシャルサイトはこちら
20170512125947
参加グループ